ボリウッド女優

カトリーナ・カイフ出演映画のダンスシーンまとめ 14選!

今や女優としてはボリウッド映画界トップを争う稼ぎ頭であり、インドを代表する有名人ともなったカトリーナ・カイフ/Katrina Kaif

ですが、実は生まれも育ちもインドではないんです。
そんな彼女がどうやってボリウッド映画界、そしてインド映画界のトップに登りつめたのか、ご紹介していきましょう!

カトリーナ・カイフの生年月日などプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Katrina Kaif(@katrinakaif)がシェアした投稿

生年月日:1983年7月16日のイギリス国籍
本名:カトリーナ・ターコット/Katrina Turquotte

カトリーナ・カイフ/Katrina Kaifという芸名は、インドで活躍したいという想いから、インドにちなんだものということで、父親の苗字である”Kaif”を選んだそう。

 

カトリーナ・カイフの若い頃

 

この投稿をInstagramで見る

 

Katrina Kaif(@katrinakaif)がシェアした投稿

 

父親はインド(カシミール)系イギリス人、Mohammed Kaif。
母親はイギリス・バース出身のSuzanne Turquotte。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Katrina Kaif(@katrinakaif)がシェアした投稿

カトリーナが小さい頃に両親は離婚しているため、父親不在の家庭で育つ。
母親がハーバード大出身の弁護士で、NGOの仕事をしていた関係で、香港で生まれた後は、中国、日本、フランス、東欧、ハワイ、ロンドンと様々な国で暮らす。
世界中を転々としていた生活のため、母親や家庭教師から勉強を教わったそう。

異父兄弟8人の真ん中で、妹のイザベル・カイフ/Isabella Kaifもモデル兼女優。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Katrina Kaif(@katrinakaif)がシェアした投稿

そんな面白い育ち方をした彼女は、10代の頃からファッションモデルとしてのキャリアをスタートさせます。

ロンドンでのファッションショーで、映画監督Kaizad Gustad に見出され、同監督の「Boom」(2003)で映画デビューを果たします。

自力で自分のキャリアを築いてきたカトリーナ・カイフはすごい努力の人で、インドにきた当初ヒンディー語を話せないことから、なかなかヒンディー語映画の役をつかめなかったそう。
しかし、持ち前のガッツでヒンディー語やダンスを猛特訓し、順調に出演作品を増やし、今やインドきってのセレブリティの一人になりました。

 

カトリーナ・カイフが出演している映画のダンスシーンまとめ 14選!

カトリーナ・カイフが出演した映画の中に出てくるダンスシーンで、有名なものもピックアップしてみましたので、とくとご覧くだされ〜!

 

ボリウッド映画『Singh is Kinng』より

映画情報

曲名:”Jee Karda”
インド公開年:2008年
日本公開年:未公開
上映時間:136分
監督:アニーズ・バーズミー/Anees Bazmee
出演:アクシャイ・クマール/Akshay Kumar

アクシャイ・クマール演じる主人公のHappy Singhが恋に落ちるヒロインをカトリーナが元気いっぱいに演じておりました。
主演のアクシャイ・クマールとはこれが4回目の共演。

 

ボリウッド映画『Tees Maar Khan』より

映画情報

曲名:”Sheila Ki Jawani”
インド公開年:2010年
日本公開年:未公開
上映時間:131分
監督:ファラー・カーン/Farah Khan
出演:アクシャイ・クマール/Akshay Kumar

おそらくカトリーナ・カイフを一気にスターに押し上げたダンスシーンでしょう。
映画自体を観たことがなくても、このダンスシーンやダンスだけはどこかで見たことある人も多いはず…

 

ボリウッド映画『Mere Brother Ki Dulhan』より

映画情報

曲名:”Do Dhaari Talwaar”
インド公開年:2011年
日本公開年:日本未公開
上映時間:145分
監督:アリ・アッバス・ザファー/Ali Abbas Zafar
出演:イムラン・カーン/Imran Khan、アリ・ザファール/Ali Zafar、カトリーナ・カイフ/Katrina Kaif

 

ボリウッド映画『Zindagi Na Milegi Dobara』より(邦題:「人生は一度だけ」)

映画情報

曲名:”Sooraj Ki Bahoon Mein”
インド公開年:2011年
日本公開年:未公開
上映時間:153分
監督:ゾーヤ・アクタル/Zoya Akhtar
出演:リティク・ローシャン/Hrithik Roshan、アバイ・デオール/Abhay Deol、ファルハーン・アクタル/Farhan Akhtar、カルキ・ケクラン/Kalki Koechlinr、カトリーナ・カイフ/Katrina Kaif

この映画でカトリーナが踊ってるシーンってほとんどなかったなぁ…

 

ボリウッド映画『Agneepath』(邦題:「火の道」)より

映画情報

曲名:”Chikni Chameli”
インド公開年:2012年
日本公開年:2012年(TIFFでの上映のみ)
上映時間:173分
監督:カラン・マルホートラ/Karan Malhotra
出演:リティク・ローシャン/Hrithik Roshan、サンジャイ・ダット/Sanjay Dutt、プリヤンカー・チョープラ/Priyanka Chopra、リシ・カプール/Rishi Kapoor

カトリーナ自身は映画自体に出演していませんが、この映画のPRのために作られたダンスシーンでセクシーダンスを見せてくれています。

これがいわゆる”アイテムソング”や”アイテムナンバー”と言われるもので、ボリウッドだけでなく、ものすごい製作費をかけて作られるインド映画は本編の撮影よりも先にダンスシーンだけを製作&公開して、市場の反応を調査したり、宣伝として使う戦略が一般的なんです。

 

ボリウッド映画『Ek Tha Tiger』(邦題:「タイガー 伝説のスパイ」)より

映画情報

曲名:”Mashallah”
インド公開年:2012年
日本公開年:2013年
上映時間:133分
監督:カビール・カーン/Kabir Khan
出演:サルマン・カーン/Salman Khan、カトリーナ・カイフ/Katrina Kaif

『タイガー伝説のスパイ』の邦題がついて日本でも公開された作品。

 

ボリウッド映画『Jab Tak Hai Jaan』(邦題:「命ある限り」)より

映画情報

曲名:”Ishq Shava”
インド公開年:2012年
日本公開年:2013年
上映時間:176分
監督:ヴィジャイ・クリシュナ・アーチャールヤ/Yash Chopra
出演:シャー・ルク・カーン/Shah Rukh Khan、アヌーシュカ・シャルマ/Anushka Sharma、カトリーナ・カイフ/Katrina Kaif

『命ある限り』という、何やら重厚な邦題で日本公開された作品です。
キングオブボリウッドこと、シャールク・カーンと初共演した作品。

 

ボリウッド映画『Dhoom 3』(邦題:「チェイス!」)

映画情報

曲名:”Malang”
インド公開年:2013年
日本公開年:2014年
上映時間:172分
監督:ヴィジャイ・クリシュナ・アーチャールヤ/Vijay Krishna Acharya
出演:アーミル・カーン/Aamir Khan、アビシェーク・バッチャン/Abhishek Bachchan、カトリーナ・カイフ/Katrina Kaif

日本でも『チェイス!』というタイトルで大々的に宣伝公開されたのに、なぜかボリウッド旋風は起きずに、公開2週間くらいで打ち切られたかわいそうな作品です。

カトリーナ・カイフの魅力、というか、彼女のダイナマイトボディ炸裂のダンスシーンが盛りだくさんの作品でした〜

 

ボリウッド映画『Bang Bang!』(邦題:「バン・バン!」)

映画情報

曲名:”Tu Meri”
インド公開年:2014年
日本公開年:未公開
上映時間:156分
監督:シッダールト・アナンド/Siddharth Anand
出演:リティク・ローシャン/Hrithik Roshan、カトリーナ・カイフ/Katrina Kaif

 

ボリウッド映画『Baar Baar Dekho』より


☝︎色に溢れてインドらしいところがすごい好きなダンスシーン

映画情報

曲名:”Nachde Ne Saare”
インド公開年:2016年
日本公開年:未公開
上映時間:141分
監督:ニトヤ・メーラ/Nitya Mehra
出演:シッダールト・マルホートラ/Sidharth Malhotra、カトリーナ・カイフ/Katrina Kaif

目を覚ますと突然、未来へタイムスリップしてしまう男のSFちっくなストーリーなのですが、着想は面白いんだけど、登場人物の心理変化にひねりが全くなくて(というかむしろ優等生的な生き方しか選んでなくて、見方によっては人生教訓のようなメッセージにも聞こえて、むしろ息苦しさを感じてしまいました)、誰かの人生を早送りで見せられただけのようでした。

救いは、カトリーナ・カイフの天真爛漫で悩殺級の笑顔と、観ていて楽しくなるダンスシーンです。

ただ、かなり痩せてしまった感があり、ダンスにいつもの力強さがなかったのが気がかりです(何があったんだろう…)。

 

ボリウッド映画『Jagga Jasoos』より

映画情報

曲名:”Ullu Ka Pattha”
インド公開年:2017年
上映時間:162分
監督:アヌラーグ・バス/Anurag Basu
出演:ランビール・カプール/Ranbir Kapoor、シャーシュワト・チャテルジー/Saswata Chatterjee、カトリーナ・カイフ/Katrina Kaif

Netflixで言語設定を英語にすると視聴できます!(日本語字幕なし)

 

ボリウッド映画『Tiger Zinda Hai』より

映画情報

曲名:”Swag Se Swagat”
インド公開年:2017年
日本公開年:未公開
上映時間:160分
監督:アリ・アッバス・ザファー/Ali Abbas Zafar
出演:サルマン・カーン/Salman Khan、カトリーナ・カイフ/Katrina Kaif

2012年に公開された『タイガー 伝説のスパイ』の続編で、今回はサルマン・カーンだけでなく、カトリーナ・カイフもハラハラドキッドキッのアクションを見せてくれるアクション・スリラー。

前作に比べてロマンス度が低いためか、残念ながらダンスシーンは少なめでした。

 

ボリウッド映画『ZERO』より

映画情報

曲名:"Husn Parcham"
インド公開年:2018年
日本公開年:未公開
上映時間:164分
監督:アーナンド・L・ラーイ/Aanand L. Rai
出演:シャー・ルク・カーン/Shah Rukh Khan、アヌーシュカ・シャルマ/Anushka Sharma、カトリーナ・カイフ/Katrina Kaif

 

ボリウッド映画『Bharat』より

映画情報

曲名:"Aithey Aa"
インド公開年:2019年
日本公開年:未公開
上映時間:155分
監督:アリ・アッバス・ザファー/Ali Abbas Zafar
出演:サルマン・カーン/Salman Khan、カトリーナ・カイフ/Katrina Kaif、ディーシャ・パターニ/Disha Patani

 

 

さいごに

カトリーナ・カイフが出演している映画のダンスシーンをまとめてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

インド生まれではない彼女は、言葉の不自由の中、自らの努力でボリウッド映画界のトップへ登り詰めました。
それを証明するかのように2014年にはLINEのCMにも起用されてたんです!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
これを機に、より一層ボリウッド映画やボリウッドダンス に興味を持って頂けたら幸いです。

-ボリウッド女優
-, , ,

© 2020 I Love Bollywood Dance〜♪ Powered by AFFINGER5